大草心理臨床・教育相談室 おーぷんラボ|臨床催眠法

カウンセリングについて

臨床催眠法

通俗的に催眠術といわれているものに似ていますが、舞台での見せ物ショー催眠術とは全く違います。科学的で合理的な方法です。

催眠というと、あたかも催眠術者の言う通りに操られると思い込んでいる人が多いようですが、そういった催眠についてもイメージはほとんど間違っています。

自己暗示法は、自力で『思ってみる』ことが自然に『思える』ようになって自己暗示作用するように図る方法ですが、それに対して、催眠法は他者から援助してもらいつつ、自己暗示が自然にスムーズに思えるようになる方法と言えます。

言い換えると、自己暗示を、自力でするか、他者から援助してもらってするかの違いだけで、前者を自己暗示法、後者を催眠法と区別できます。

催眠状態(トランス)になると、心身がとてもリラックスしてそれだけで問題が解決してしまう人もいます。当相談室では、誰もが無理なくスムーズに催眠状態になれるように独自の方法で誘導します。

» カウンセリングについてに戻る

トップページご挨拶コラム悩みの種は?カウンセリングについて よくあるご質問料金・予約についてアクセスお問い合わせ個人情報の取り扱いについて会員専用ページ