大草心理臨床・教育相談室 おーぷんラボ|来談中の方専用ページ

大草正信のコラム
おーぷんラボトップ » 大草正信のコラム
心を治療する(心理療法)とはどんなことをいうのでしょう
 心理療法やカウンセリングといった心の治療を意味する言葉が市民権を得て、多くの人に抵抗なく受け入れられるようになりました。しかし、心を治療するとは、どんなことをいうのかについては、全く知られていないことや、多くの誤解が蔓延しています。心は実体がないので、心が健康な状態とか不健康な状態とか言われても、その具体がよく分からないことが大きな原因の一つになっています。かって、ノンディレクディブカウンセリングの提唱で有名な、カール・ロジャース(1902-1987)が、心の健康な人を「十分に機能する人間」と表現しましたが、このような言明も抽象的すぎて具体がよくわかりません。悩んでいる人は、心がどうなって悩んでいるのか自分のことながら良く分かりませんし、心がどうなれば良くなっていくのかは、もっとわかりません。心理療法やカウンセリングというのは、言葉が知られるようになったほど、その実態や具体は知られていないのが実状です。
 ここのコラムでは、一般の人にも分かるように、心理療法やカウンセリングなどに関する心の考え方や心の働きの具体を概説していくことにします。
[ 2012/09/27 ]
トップページご挨拶コラム 悩みの種は?カウンセリングについてよくあるご質問料金・予約についてアクセスお問い合わせ個人情報の取り扱いについて会員専用ページ