大草心理臨床・教育相談室 おーぷんラボ|来談中の方専用ページ

大草正信のコラム
おーぷんラボトップ » 大草正信のコラム
「自己実現」の思い2
 不満焦燥怒り恐れ不安に悩みに苦しんでいる人の多くが「『(どんなことがあっても)これから良くなっていくだろう』なんてとても思えません」と言います。「今の自分には自信も気力も才覚も無いし、これからだって良くなるようには思えないし、良くなる兆しも無いし、むしろ悪くなるとしか思えず、そんな無い無い尽くしの思いばかりだから、とてもじゃないけど思えません」などとも言います。言っている本人は全く気づいていませんが、そのようにしか言えないことが、心身の失調による不適応状態になっている証拠です。なぜなら、心身の健康な人は、どんなに無い無い尽くしの思いばかりで、一時は落ち込んだり苛ついたりすることがあっても、必ず「(どんなことがあっても)これから良くなっていくだろう」という思いが創れるからです。「(どんなことがあっても)これから良くなっていくだろう」という思いが創れるかどうかが、心身の失調と健康とを分けるものです。
 心身の失調で「(どんなことがあっても)これから良くなっていくだろう」とは思えませんという人に、無い無い尽くしの思いがあっても、健康な人が思っているように「(どんなことがあっても)これから良くなっていくだろう」と思いを創るようにしましょうと言うと、これに対して十人が十人とも返す答えがあります。それは「無理です、だって、そう思えませんから」です。その通りです。思ってみることができないから不適応になっているので、思えるなら不適応にはなっていないのですから。健康な人から見れば「何をたわけたことを言っているんだ、やってみろと行動を無理に強要しているのじゃなく、心で思ってみるだけのことをしようということなのに、それがどうしてできないんだよ」と思うところです。でも、それができなくなるのが心の失調ですから、不適応の人が言うのがもっともです。ただ思ってみるだけのことでも、心身失調している人には、困難極まりない無いことです。思いを創る、思ってみることをする、というのは、想像以上に気力やエネルギーのいることです。ですから、不適応の人は、総じて思えないと言う傾向が顕著です。特にうつ病の人は、そろいにそろって、思いが創れない、創る気力が湧かないと訴えることが多いですが、そんなことが原因しているようです。
 適応の回復には、適応的二次意識の思いを、思ってみるだけのことをすればいいのですが、それができない、思えない、思いたくないという言う人は、回復は不能ということになります。
 しかし、前述の「言葉」と「思い」の相互作用を思い出してください。「(どんなことがあっても)これから良くなっていくだろう」と思ってみることができない、思えない、思いたくないというのは、そんな心境になれないということです。でも、言葉で句の文字として、「(どんなことがあっても)これから良くなっていくだろう」と言葉や句の文字を言ったり読んだり書いたり見たりしていると、その言葉や句の文字が、「(どんなことがあっても)これから良くなっていくだろう」という心境を呼び起こしてくれます。言葉を大切扱って、言葉から心情心境を知るという感じです。
 不適応で悩んでいる人が、自力でこんなことを試みることはまずありません。だって、思えない、思いたくない思いを、敢えて言ったり書いたり読んだりすることなど、まずしないでしょう。ですから、自然に「自己実現」の思い創りができるようになるまで、心の失調は長引きます。長引かせないためには、第二の自我といわれるセラピストやトレーナーの支援で、早期に思い創りができるようになるのが得策です。
[ 2013/03/30 ]
トップページご挨拶コラム 悩みの種は?カウンセリングについてよくあるご質問料金・予約についてアクセスお問い合わせ個人情報の取り扱いについて会員専用ページ