大草心理臨床・教育相談室 おーぷんラボ|来談中の方専用ページ

大草正信のコラム
おーぷんラボトップ » 大草正信のコラム
心の図式と概説
        (心)
         M
  環境  ┏━━━┻━━━┓表出行動
  E ← (m1 − m2) → R

  E:Environment:External        環境・外在
  M:Mind:Mental             心
  R:Reaction or expression(response)表出行動
  m1: Primary consciousness       一次意識  
  m2: Scondary consciousness      二次意識

心(M)が、外界・環境(E)について思います。
(E)に対して一次的に思うのが一次意識(m1)です。
(E)について思う(m1)は、何をどう思ってもいいのです(不条理)
一次意識(m1)を元にして、自由に思ってみて創る思いが二次意識(m2)です
創った二次意識の思い(m2)が、表出行動(R)になります

● 心の基本法則
嫌な環境(E)が変われば、不適応(m1)が無くなって問題は解消します
(E)が変わらなければ、心(M)の思い方を変えて適応します
(M)は、一次意識の思い(m1)と二次意識(m2)の思いの二つが働いています
(E)に対する(m1)は、どんな思いがあってもいいのです。在って悪い思いなどありません。
(m1)がどのような思いでも、自分で好ましい思いを創る(m2)ことができます。
思いが創れると、思ったように行動(R)が開始されます。

● 心の法則 ー 細則
マイナス、ダークサイドの(m1)は在っていいのです。(m1)を大切にします。
マイナス、ダークサイドの(m1)があるからプラス、ライトサイドの(m2)が創れます。
嫌だという(m1)があっても、「嫌なものとしてやっていこう」と(m2)を創ると、やる力に変わります。
二次意識の思いを創らずに、行動(R)だけをしようとすると、「努力逆転の法則」に捕まります。
[ 2012/10/20 ]
トップページご挨拶コラム 悩みの種は?カウンセリングについてよくあるご質問料金・予約についてアクセスお問い合わせ個人情報の取り扱いについて会員専用ページ